頸椎後方減圧椎弓形成

手術方法

全身麻酔下に腹臥位(腹這い)となり、頸部の後ろに約10cmの皮膚切開を行い、顕微鏡をみながら、頸椎椎弓を観音開き式に拡大し、人工の骨あるいは金属を用いて脊髄を除圧する方法です。手術時間脊髄や神経根の除圧を行います。

 骨の形(椎弓に似た形)をしたセラミックできた箱(下図)を用いて、脊椎管を拡大した状態にいたします。このセラミックなどの固定が弱い際には、チタン製の小さなプレートを用いて固定します。このセラミックでできたこの箱は後に、周囲の組織と一体化し、これで椎弓としての役割を再現するこことができるようになります。 麻酔時間も含めて手術時間は3?4時間ほどです。この手術での出血は100~150cc 程度で、通常は輸血の必要はありません。

頸椎後方減圧椎弓形成

この手術の利点、不利な点

 頸椎後方減圧椎弓減圧術は、圧迫箇所を直接除去する直接的、根本的な手術ではありません。多椎間にわたる病変に対応できます。頸部前方にある器官の合併症を生じる心配はありません。

 下肢の運動障害、感覚障害の改善には大変有効ですが、前記のように病変に対する直接的な手術ではなく、上肢の疼痛、痺れ、運動障害に対する効果は前方からの手術には若干劣ります。

 頸部後方の筋肉を分けて手術をおこないますので、術後に、頸部痛を生じます。これは、投薬によって和らぎますが、若干の頸部の凝りのようなものが後にまでのこることがあります。

手術後治療

 手術翌日には、ネックカラーをつけて、歩行して頂きます。入浴は手術後4日目から許可されます。検査を行い、手術後約7?8日目に抜糸を行った後に、手術後約10日~2週間で退院が許可されます。手術後入院中は、ネックカラーを装着して頂きます。

 退院後、ネックカラーは徐々に除去するようにしてください。事務的作業は良いですが、肉体的作業は、退院後約2週間で一度来院して頂きますが、その際の検査結果等を判断した上で許可いたします。重労働には手術後約3?6ヶ月後の検査結果を判断した上で、可能となります。

手術合併症

  • 1:感染(糖尿病、腎不全、ステロイド使用などによってその危険性は増します。)
  • 2:脊髄、神経損傷
  • 3:術後出血
  • 4:インストルメント(挿入したセラミックの箱)の逸脱
  • 5:全身麻酔に伴う合併症(心肺障害、肺炎、肝臓障害など)
  • 6:安静にともなう支障(深部静脈血栓症、肺塞栓症、肺炎など)

当院において、生命に関わる障害が起きたことはありません。手術中に脊髄損傷を来たし、永久的に障害が残った例はありません。他の合併症のおきた確率が3%以下です。

症状の再発

 後方からの手術における再発はきわめて少ないです。まれに。頸椎が後湾変形する場合があります。術後の頸部の姿勢に注意が必要です。