頸椎後縦靭帯骨化症

頸椎後縦靭帯骨化症

頸椎の椎間板の変性とともに、脊椎の椎体を連結性を補助する靭帯のうち、後縦靭帯(こうじゅうじんたい)が、骨のような硬い組織に変性する病気で、アジア特に日本で多い病気です。

 その特殊性から<難病>に指定されています。手術の際には、地元の保健所に尋ねると、医師記入用書類をくれますので、主治医に記入してもらい提出すると、病状に応じて治療費の補助金が交付されます。

頸椎後靭帯骨化症のCT像
頸椎後縦靭帯骨化症

 脊椎管という脊髄を入れるスペースの前方部分に矢印の白い出っ張りがあります。これが後縦靭帯の骨化です。お察しのとおり、脊椎管はすごく狭くなっているので、脊髄はブーメランのように逆Vの字型に圧迫変形されています。

症状

 急に狭くなるのではありませが、長年のうちに徐々に大きくなって、脊髄への圧迫が徐々に強くなっていきます。転んでしまったり、事故などの外傷により急に症状が悪くなることがあります。すると、脊髄が傷つくことによって、手足の動きが悪くなったり、手足の痺れなどが出てくることになります。

診断・検査

 レントゲン写真や CTで、骨の出っ張りの度合いを調べます。また、首を動かした状態でも、レントゲン写真をとって、骨のズレの状態を調べます。MRIで、神経や脊髄が圧迫されている状態を調べます。また、脊髄の障害されている度合いを検討します。

治療、手術

 頸椎がぐらぐらしているわけではないので、ネックカラーの装着によって脊髄の安静をえる方法や牽引療法などの保存的治療が効く可能性はほとんどありません。本質的な治療は手術以外にありません。薬物治療や理学療法などの対症療法を行いながら、手術を考慮することになります。

 症状と脊髄の圧迫の程度は必ずしも相関しません。症状が進行・悪化しているような時、症状が軽くても、圧迫が強い時などは、手術を考えても良いかもしれません。