腰椎椎間板ヘルニア

病気、病態

 脊椎の間にあり、となり合った脊椎の主たる連結組織であり、クッションの役目もしているのが<椎間板>です。周りの袋のような暑い部分を<線維輪>とよび、中の軟らかい部分を<髄核>と呼びます。髄核はゼラチンのようなものでできています。

 椎間板は、誰でも年齢や運動とともに水分が失われて、ガタガタして、つぶれて来てしまいます。腰椎の椎間板が疲労の為に変性していく過程において、ゼラチン状の組織<髄核>を覆っている厚い袋<線維輪>の一部が膨れたり、その袋<線維輪>が破れて中身のゼラチン<髄核>が飛び出してしまったことを、<椎間板ヘルニア>と呼びます。誰でも、年齢とともに多少なりとも、椎間板がつぶれて膨れます。こしたがって、どこから<椎間板ヘルニア>と呼ぶ病気として診断を下すかは医者の判断になります。

 誰でも起きる事なのですが、その程度は千差満別です。少し出っ張った程度では腰が重いとか、腰痛がおきてきます。さらに出っ張ってくると中の髄核が飛び出し、腰椎の脊椎管の中を走っている神経を押す事になります。そうすると、その神経走行にそって痛みが生じます。これを神経痛とよびます。この神経は背骨をでると、坐骨神経と呼ばれる一本の神経になるので、この神経の痛みを<坐骨神経痛>と呼びます。

腰椎椎間板ヘルニアの図           MRI像

腰椎椎間板ヘルニア

 四角い部分が腰椎の前の部分の骨で<椎体>と呼ばれています。その間にあるのが軟骨(ゼラチン状)で出来ているものが<椎間板>です。上から数えて4番目と5番目の間の椎間板が後ろのほうへ飛び出しています。
この出っ張りのために神経が圧迫をうけています。

症状

 椎間板が後ろあるいは外に飛び出せば、脊椎管の中に入っている足にいく神経に当たり、その結果として足の神経痛や痺れを生じます<神経根症>。比較的突然に、腰痛が生じ、神経にぶつかっている場合には神経痛つまり坐骨神経痛をおこすことが多いです。これは、左右どちらかのお尻の後ろから側から太ももの裏側、ふらはぎの外側、さらにひどいときには足のほうまで痛みを生じます。この神経への圧迫がさらにひどくなると足への命令がうまく伝わらなくなり、足先が動かなくなったり、足を巧く運べなくなります。さらには、排尿や排便に障害が出てきたりします。

診断・検査

 レントゲン写真や CTで、骨の変形の度合いを調べます。また、腰を動かした状態でも、レントゲン写真をとって、骨のズレの状態を調べます。MRIで、神経や脊髄が圧迫されている状態を調べます。

治療・手術

 基本的に、誰でも腰の動かしすぎや、老化によってある程度発生する症状です。つまり、悪性の病気ではありません。比較的軟らかい軟骨である椎間板は時間とともに吸収されていきます。したがって、多くの場合時間とともに、症状が緩和していきます。必要以上に病気であると考えない方がよいと思います。

 腰の周りの筋肉の緊張をとるために、暖めたり、超音波やレーザーを当てたりすることも行われています。<牽引療法>もよく行われています。鍼灸、マッサージなど種々の治療方法があります。また、この間、お薬で痛みを和らげたり、ブロックをして一時的に痛みの神経をまひさせたりします。ブロックは神経破壊的な要素もあって、私どもはこのブロックを長期間にわたって繰り返し行うことをお勧めしません。

 症状の緩解までの目安は3ヶ月~6ヶ月です。時として1年くらいかかることもあります。

 これらの保存的治療でも症状が改善しないとか、どうしても早急に症状の改善を望む場合には、外科治療方法として<レーザー治療><手術療法>があります。

<レーザー治療>

 最近になり、一泊入院ですむような局所麻酔で行うレーザー治療が普及してきました。この治療によって改善する椎間板ヘルニアとそうでない椎間板ヘルニアがあるので、事前にその椎間板の形状をよく検討しておく必要があります。また、再発が多い事も問題の一つです。この治療は保険診療ではありませんので、自費診療となりますのでご注意ください。

 当院での手術療法の患者様に与える侵襲は低く、レーザー治療とあまり変わりないと考えており、効果は手術療法が確実です。ですから、当院では、レーザー治療は行っておりません。

<手術療法>

 全身麻酔で、出っぱっている椎間板をとる手術です。背中の真ん中の皮膚を 3 cm 程度縦に切り、背中の筋肉をよけて、腰椎の後ろの部分を一部ドリルで削りとります。そこで、手術顕微鏡を使用して、神経をよけながら、出っ張った椎間板を取り除きます。手術時間は2時間足らずです。この手術で、90~95%の方で神経痛は良くなるものと思います。しかし、椎間板がつぶれた状態にかわりはないので、腰痛が残存する場合が半分程度あります。