腰椎脊椎管狭窄症

腰椎脊椎管狭窄症ならびに腰椎すべり症

病気、病態

年を重ねるにごとに、腰の椎間板がガタガタしたり、出っ張ったりします。また、脊椎管の中にあって脊椎を連結し支える靭帯も分厚くなってきます。すると、下図のように、骨に囲まれた脊椎管が狭くなります。すると、その中の神経が圧迫されてます。首を絞められたような状態になるわけです。この状態を<腰椎脊椎管狭窄症>とよんでいます。このガタガタから、腰椎の連結がうまくいかなくなって、ずれてしまう<亜脱臼>をおこして、<腰椎すべり症>という病態も重なっている人がおおいです。

腰椎脊椎管狭窄症 図 MRI像

腰椎脊椎管狭窄症

症状

足や膀胱へいく神経の圧迫症状が主です。歩いていると足がしびれたり腫れぼったく感じたり、力が入らなくなって歩けなくなることが多いです。しかし、腰を曲げて少し休んでいると、しびれも取れてまた歩けるようになります。つまり、歩いてやすんでの繰り返しになります。これを<間欠歩行>と呼んでいます。その歩ける時間、距離がだんだん短くなってきます。また、どちらかの足やお尻のあたりが激しく痛くなったりします。これらの症状は徐々におきてきて、良くなったり悪くなったりを繰り返します。さらには、排尿や排便に障害が出てきたりします。排尿や排便に障害が生じてくると、問題は重大ですから、可及的速やかに治療<外科手術治療>を行う必要があります。

診断・検査

レントゲン写真や CTで、骨の変形の度合いを調べます。また、腰を動かした状態でも、レントゲン写真をとって、骨のズレの状態を調べます。MRIで、神経が圧迫されている状態を調べます。

治療・手術

保存的治療のうちの痛みを緩和する対症療法で、時間をかせぐことはできますが、物理的な圧迫で神経が絞めつけられているわけですから、根本的には物理的に圧迫を取り除く手術療法しかありません。保存的治療を行いながらも、症状の進行状況、神経の障害の度合いを予想し、手術療法を視野にいれながら治療していくことが必要になります。

腰椎にズレのある場合には、コルセットを装着して、すこしでも腰椎のズレを少なくすることができます。このことによって痛みを少しやわらげることができます。また、<筋肉のコルセット>をつけるという考え方から、腹筋肉や背筋肉を鍛えることによって症状を和らげる方法があります。

<保存的治療(対症療法)>

腰の周りの筋肉の緊張をとるために、暖めたり、超音波やレーザーを当てたりすることも行われています。痛みをとる事においては<牽引療法>は、その効果をあまり期待できません。痛みをとる方法として、効果を期待できるものとして、圧迫された神経の血の巡りをよくする薬があります。この薬の点滴や注射があります。

鍼灸、マッサージなど種々の治療方法もあります。また、お薬で痛みを和らげたり、ブロックをして一時的に痛みの神経をまひさせたりします。ブロックは神経破壊的な要素もあって、私どもはこのブロックを長期間にわたって繰り返し行うことをお勧めしません。

<手術療法>

手術は腰椎後方減圧術(ならびに腰椎後方固定術)が一般的です。全身麻酔で、椎弓という脊椎管を形成している骨を削りとり、同時に分厚くなった靭帯も取り除いてしまう手術です。背中の真ん中の皮膚を 3 cm 程度縦に切り、背中の筋肉をよけて、腰椎に達します。そこで、手術顕微鏡を使用して、腰椎の後ろの部分を一部ドリルで削りとります。同時に分厚くなった靭帯もとってしまいます。手術時間は2時間足らずです。さらに、腰椎のズレ<腰椎すべり症>をともなっている場合は、腰椎に金属のボルトのようなものを打ち込んで腰椎がずれないように固定します。この場合は手術時間はさらに2時間ほど長くなります。

手術による症状の改善の度合いは、それまでの障害の度合いに関係します。個々の予想される神経の障害の度合いを考慮して手術説明の際に詳しく説明いたします。